FC2ブログ

川越・ふじみ野読者会 7月例会報告

7月14日 18時から

参加者は8名、初参加は川越市のUさん。
『金曜日』は時々読むということです。
読者会のことは「読者会から」欄で知り参加してみようと思ったということです。
最近の『金曜日』の記事では602号の空撮写真がよかった、との感想。
その発言がきっかけになって、602号を中心に官邸前抗議行動が話題に。

王子のKさんは『女性自身』が見開きカラーで空撮写真を掲載したものをカラーコピーして持参。
男性のKさんが何故『女性自身』を……?
なんと美容院で見て、お店から雑誌を借りてコピーしてきたとのことでした。

Kさんは官邸前抗議に5回参加し、マイクで喋ったこともあるそうです。
その様子がユーストリームで流れ、それを見た浦和読者会のOさんは「Kさんも行ってるんじゃ、自分も行かなきゃ!」と思って参加するようになった、とのことです。

川越のMさん(女性)は官邸前抗議やデモに行きたいとの思いは強いが、小さい子どもがいるので行けないと残念そうに。
Mさんは最近嬉しかったこととして2つ上げました。
お子さんが通う私立高校に行く途中の電車の中で、「○○高校の父母の方ですか?」と話しかけられ、同じ高校のお母さんであったことから色々話をし、金曜日の官邸前に行ったという話を聞かされたということ。
もうひとつはその学校の学年懇談会の中で、「7月16日の10万人集会・デモに参加しよう」という話が出たということです。
すごい学校だ…(管理人感想)

最近の『金曜日』でよかった号として、川越のMさん(男性)、毛呂山のSさんも602号を挙げました。

それ以外の号ではMさん(女性)が900号が安田弁護士の記事を、Kさんが903号の「編集長後記」と「きんようぶんか」を、よかった記事として挙げました。

Mさん(男性)は、『金曜日』について「面白いときと面白くないときがある」としつつ、902号の「橋下徹を評価しよう」という投稿に驚いた、同号の辻元清美氏についての投稿に関連して、辻元氏について「最近の彼女を見ていると悲しくなってくるし、情けない」と批判。

久しぶりに参加の所沢のIさんは900号の「金曜俳句」をとりあげました。Iさんはそもそも俳句のよさが分からないと言い、何故『金曜日』に俳句欄があるのか?という疑問を。
P57の最後の句に対する選評が「何も言っていない句です」「ものを淡々と描写すること…(中略)…こういった句が俳句の王道」とあることで、自分が何故俳句のよさがわからないのか得心がいった様子でした。

その他記事から離れた話題では生活保護問題、姓の問題、戦後民主主義は勝ち取ったものなのか押し付けられたものなのか、という議論などがありました。

20時迄の予定を大幅にオーバーして閉館(21時)5分前迄話題は尽きませんでした。

スポンサーサイト



川越・ふじみ野読者会 

毎月第2土曜日開催


7月12日(土)


18:00~20:00

於 川越市南公民館

  (東武東上線・JR川越線 川越駅西口徒歩5分)

週刊金曜日
リンク

『週刊金曜日』読者会

東京・埼玉女性読者会


テープ版読者会

練馬読者会


ウェブマガジン『のたる

ウェブマガジンのたる
  
読者会の記事を掲載して頂きました 11.5.14北村肇さん講演会             11.4.16合同読者会             12.2.19女性読者会
掲示板
最新記事
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QR